メイクの上から見込める保湿方式

午前立ち寄る前にちゃんと保湿しても、外の匂いや内部のエアコンディショナーなどの影響で、日中には表皮がドライに乾燥して仕舞う、という苦しみをもちましてある乾燥肌の方も多いと思います。そういった苦しみを解決してもらえる、メークアップをしたあとからもできる保湿方策を紹介します。

日中に行なう保湿の機会は“化粧直し”の時だ。メークアップを正すのと同時に、いよいよ紹介する方策を行う結果、昼も表皮の保湿することができます。秘策としては、霧メイク水を使う方策って、乳液や保湿クリームを使う方策があります。

ここでは、霧メイク水を使う保湿方策を紹介します。最初に、ティッシュとして、余分な皮脂を取り除きます。皮脂を摂るために「あぶら取り去りペーパー」を使う方も多いでしょうが、乾燥肌の場合、あぶら取り去りペーパーだと油が取り去れ過ぎて、必要な皮脂まで除去してしまうことがあるので使わない方が良いだ。

余分な皮脂を消したら、メークアップの上から霧状のメイク水をシュッと吹きかけます。霧状で粒子が細かいので、メークアップくずれの心配もなく保湿することができます。帯同用の小さめの霧メイク水も売られているので、見物の際におすすめです。

ファンデーションでメークアップ直ししたら、最後に霧メイク水をもう1度ひと吹きさせます。保湿だけでなく、ファンデの割目の防止にも効果的です。ただ、ファンデの上から霧メイク水を吹きかけ過ぎると、メークアップくずれの原因になるので、どうしても“ひと吹き”に気を付けて下さい。キレイモ広島の美容脱毛でつるすべ素肌美人